コラム

 公開日: 2014-11-15 

選択制401kという選択(その9)

昨日の夕方、本宮市のお客様の職場で401kの導入についての説明会を開催しました。

既に来春の導入は決定していますが、 「選択制401k」 の場合には拠出額も各人に決めて頂く様になりますので、拠出によって所得税・住民税と社会保険料が下がり、いかに効率的に自分自身の老後資金を準備する事が出来るか等を含めてご説明させて頂きました。



厚生労働省は毎月 「厚生年金基金の解散・代行返上の状況」 を発表していますが、10月末現在で全国には494の基金が有り、そのうちの59.9%にあたる296の基金が解散の内諾済みだそうです。

そして解散の内諾済みの基金の数は半年前の4月よりも68も増えていますので、このペースで行けば近い将来殆どの基金は消滅すると思われます。

将来的に公的年金の支給年齢の繰り上げと支給金額の低下は避けなれない事実ですが、そうなった場合の備えを始めるのは早い方が有利です。

昨日の説明会には福島市と本宮市のご同業の方も参加していらっしゃいましたが、従業員の方々の待遇の向上とそれに伴う社会保険料のアップは経営者の方々の共通の悩みでもあります。

新たに退職金制度の導入を検討している企業は勿論のこと、厚生年金基金の解散後の制度としてご検討される方々からのご相談もお待ちしております。

401kについて詳しい事はHPをご覧ください → http://www.fp-support.co.jp/401k/

弊社のHPはこちらです→http://www.fp-support.co.jp/

【郡山市で不動産の取得・売却・有効活用や住宅ローン・401k・生命保険の見直しのご相談は弊社まで!】

この記事を書いたプロ

有限会社FPサポート [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 髙橋勝

福島県郡山市並木2丁目13-2 [地図]
TEL:024-922-6988

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
FPサポート 代表取締役 髙橋勝

人生設計に合った具体的な提案で、お客様の未来を照らす(1/3)

 教育資金、住宅資金、老後の生活資金。この3つは人生の三大資金だと言われています。中でも家や生命保険は、誰にとっても大きな買い物ではないでしょうか。そんな大きな買い物で、万が一にも失敗してしまっては大変です。そこで、ご紹介したいプロが、郡山...

髙橋勝プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

不動産と生命保険に強いファイナンシャルプランナーです。

会社名 : 有限会社FPサポート
住所 : 福島県郡山市並木2丁目13-2 [地図]
TEL : 024-922-6988

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-922-6988

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋勝(たかはしまさる)

有限会社FPサポート

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「節税」と「安心の補償」の一石二鳥です。

以前加入していた生命保険は、たくさんの特約が付きすぎてい...

山ノ井 慶太
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(3

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遠隔地の不動産の売却のお手伝い

 丸二年 先週ようやく売買契約が完了した北海道の物件は、売却のご依頼を頂戴してから丸二年の月日が流れて...

フラット35 11月の実効金利について

 ほぼ横這い フラット35の11月の実効金利が発表になりました。新機構団信付きの金利は0.01%の...

経営者が会社に不動産を貸している場合の問題点

 社長が会社に不動産を貸していて相続が発生すると 社長が 「個人で所有している不動産を自分の会社に貸し...

フラット35 10月の実行金利について

 新機構団信がスタート 今月から 「新機構団信」 がスタートします。今まで、フラット35の 「団体...

フラット35の利用者調査 《郡山で不動産に関するご相談は弊社まで!》

住宅ローン専門金融機関の 「アルヒ」 が、同社でフラット35を利用した女性単身者495人の調査結果をまとめ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ