コラム

 公開日: 2015-10-29 

農地を何とかしたい...「郡山市で不動産の売却・購入・有効活用のご相談はお任せください!」

今月初めのTPP交渉の大筋合意を受けて、農家の方々には様々な影響が出てくるのかもしれませんが、私の周りにはTPPとは関係なく「農地を何とかしたい」と考えている方が大勢いらっしゃいます。

調整区域の農地の場合は何とかすると言っても限りがありますが、市街化区域の場合には色々な方法が考えられます。


農地を何とかするには(市街化区域の場合)


農地を何とかしたい場合に考えられる事は大きく分けて「売却する」「土地を貸す」「建物を建てて貸す」「自分で活用する」の4つです。

それぞれに一長一短はありますが、一番重要なのは「地主(所有者)の方の気持ち・考え方」だと思います。

「売りたい」か「売りたくない」かの判断から始まり、「売りたくない」→「所有し続ける」場合にリスクを極力負わずに土地だけを貸すのか、借り入れをして収益を大きくするのか、等々検討しなくてはならない事項は沢山あります。

その土地の「立地」や「大きさ(坪数)」などによっても制約を受けますが以下はそれぞれのメリット・デメリットを要約したものです。


思い切って売却する


ある意味で一番シンプルなのは「売却する」という方法だと思います。

代金を受け取って税金を納めれば、手元に残ったお金は管理し易いでしょうし、固定資産税などの保有コストも掛りません。

ただ「相続した土地を売る」という事は世間体などの問題もあり、躊躇される方が多いように感じます。

また、時価が1億円の土地を売った場合、何もしなければ現預金が1億円残り、土地で保有している場合よりも相続税の評価が上がるという結果になります。

その場合は次の手、例えば相続人(配偶者や子供など)に贈与したり、生命保険に加入して非課税枠を活用したり、収益力のある不動産を購入したりする事を検討する必要があると思います。


土地を貸す


土地を手放したくない場合に比較的リスクの低い方法は「土地を貸す」という方法です。

平成4年に「定期借地権」が施行されたことにより以前よりも土地だけを貸し易くなりました。

弊社のお客様でも大手の不動産会社に「アパート用地」として土地を貸している方、開業を希望するドクターに「クリニック用地」として貸している方などがいらっしゃいます。

借地の場合は土地と建物の所有者が異なることになりますので、契約内容や契約条件に注意が必要になります。


建物を建てて貸す


建物を建てて貸すというと賃貸住宅(アパート・マンション・戸建て)が一般的ではありますが、店舗・事務所・クリニック・介護施設などを事業を行う方の希望に合わせて建てる方法もあります。

この場合は土地と建物の所有者は同じですので権利関係は単純で、将来的に売却する場合などもやり易い点はメリットになります。

また、一般的には土地だけを貸す場合よりも収益性は高くなります。これは建物の建設費を借り入れする等のリスクがある点や不動産取得税、建物の固定資産税などのコストが掛かる事を考慮すれば当然の話ではあります。

例えばコンビニなどを建てて貸す場合、契約期間の中途で撤退されるのが最大のリスクかもしれません。複数の賃借人がいるアパートなどと違い、撤退=家賃ゼロという状況も想定されますので契約の中身は精査する必要があります。


自分で活用する


立地などにも大きく影響されますが「自分で活用する」という方法もあります。

「太陽光発電」「コインランドリー」「コイン洗車場」「トランクルーム」「駐車場」などが手間が少ない活用法として考えられます。

最後に


市街化区域にある農地を相続した場合に農業を永続的に続けるのは難しい事が予想されます。

今まで挙げた方法はそれぞれにメリットもデメリットも有りますし、検討した結果「何もしない」という結論も当然あり得ます。

周辺の環境の変化や固定資産税・相続税などの負担増、農作物の価格の低下などもあり、農地の利活用を考えている方は一度ご相談ください。

不動産コンサルタント兼ファイナンシャルプランナーとしてトータル的に中立公平なアドバイスをさせて頂きたいと考えております。

   弊社のHPはこちらです→http://www.fp-support.co.jp/

   不動産についてはこちらです→http://www.fp-support.co.jp/estate/
  
   ファイナンシャルプランナー(CFP) 不動産コンサルティングマスター 髙橋 勝

【郡山市で不動産の取得・売却・有効活用や住宅ローン・401k・生命保険の見直しのご相談は弊社まで!】

この記事を書いたプロ

有限会社FPサポート [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 髙橋勝

福島県郡山市並木2丁目13-2 [地図]
TEL:024-922-6988

  • 問い合わせ
  • 資料請求

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
FPサポート 代表取締役 髙橋勝

人生設計に合った具体的な提案で、お客様の未来を照らす(1/3)

 教育資金、住宅資金、老後の生活資金。この3つは人生の三大資金だと言われています。中でも家や生命保険は、誰にとっても大きな買い物ではないでしょうか。そんな大きな買い物で、万が一にも失敗してしまっては大変です。そこで、ご紹介したいプロが、郡山...

髙橋勝プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

不動産、住宅ローン、保険、401kをワンストップで

会社名 : 有限会社FPサポート
住所 : 福島県郡山市並木2丁目13-2 [地図]
TEL : 024-922-6988

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-922-6988

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

髙橋勝(たかはしまさる)

有限会社FPサポート

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる このプロに資料を請求する
このプロへのみんなの声

「節税」と「安心の補償」の一石二鳥です。

以前加入していた生命保険は、たくさんの特約が付きすぎてい...

山ノ井 慶太
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
フラット35 12月の実行金利について

 トランプショック(?)による引き上げ フラット35の12月の実行金利が発表されました。借り入れ期...

読売新聞社の社会保障 世論調査

先日、読売新聞社が行った「社会保障 世論調査」の結果が発表されました。多くの国民が「社会保障制度の将来...

フラット35 11月の実行金利について

 若干の引き下げ フラット35の11月の実行金利が発表されました。借り入れ期間20年までは0.0...

フラット35 10月の実行金利について 「郡山市で住宅ローンの借換え・借入れのご相談は弊社まで」

 上昇と下降]フラット35の10月の実行金利が発表されました。借り入れ期間20年までは0.01%のダ...

選択制401kという選択(その27) 「合法的な社会保険料の節約と豊かな老後のために」

ベルメゾン生活スタイル研究所の「[[女性の生活意識アンケート調査(第9回) http://www.b-desse.jp/report/1360/...

[ ねんきんネット(日本年金機構) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ