コラム

 公開日: 2013-09-07 

果物はジュースより生!

新鮮な生のフルーツを食べるほど2型糖尿病のリスクが下がり、しかしフルーツジュースでは逆効果でたくさん飲むほどリスクが高まるとする研究結果が発表されました。

 米ハーバードなどの研究チームの精査の結果。このデータによると、果物を丸ごと食べるのは月1回未満という人と比べ、毎週2回食べている人では糖尿病の危険が最大23%低かった。特にブルーベリー、ブドウ、リンゴで効果がみられた。一方、フルーツジュースを毎日1杯以上飲む人では、糖尿病の危険が最大21%高かった。

 生の果物とフルーツジュースでは栄養価は同程度だが、この差を生んでいるのは半固体か液体かの違いにあると推測し「液体の方が固体よりも胃を通過して腸に到達するのが速い。言い換えれば、そのままの果物よりもフルーツジュースの方が血糖値と血中インスリンにより速く、より大きな変化をもたらす」と述べている。

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
便秘に注意?
イメージ

 便秘に注意? 便秘は白人に比べ非白人に多く、男性に比べ女性にやや多く、高齢になるほど有病率が高まる。便...

[ 医療マメ知識 ]

火星探査でがん発症リスク増加?
イメージ

 火星探査でがん発症リスク増加? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今...

[ 医療マメ知識 ]

高齢者高血圧治療のポイントは?
イメージ

 高齢者高血圧治療のポイントは? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今...

[ 医療情報 ]

がん治療で注目の免疫療法とは?
イメージ

 がん治療で注目の免疫療法とは? 新しい免疫療法ががん治療の分野で注目されている。この「新しい免疫療法」...

[ 医療界の新発見? ]

糖質制限への誤解?
イメージ

 糖質制限への誤解? おはようございます。福島市 さとうクニリック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘糖質制...

[ 糖尿病関連の報告 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ