コラム

 公開日: 2015-02-11 

親子の交流で脳も進化?

親子が長時間一緒に過ごすことで小児の言語機能が発達し、さらに脳の構造にも良い影響を及ぼすことが分かった。東北大学加齢医学研究所の竹内氏、川島氏らによる縦断研究。
 登録時に5~18歳だった健常児262例を対象に、生活習慣評価や知能検査、MRI撮影を実施。親子が一緒に過ごす平均時間と言語理解指数、灰白質濃度の関連を分析した。さらに3年後、2回目の検査を実施できた208例では経時的変化も解析した。
 性や年齢、親の収入・学歴、親子関係の良好さなどの因子を補正した結果、親と過ごす時間が長かった児は登録時の言語理解指数が高く、3年後の上昇も大きいことが分かった。そうした児では脳の右上側頭回の灰白質濃度が有意に低く、3年後にはさらに低下していた。
 灰白質量は発達に伴い減少することが知られている。また同部位の灰白質量が少ないほど言語理解指数が高かったことから、親子の会話が神経発達を促進したと考えられる。竹内氏は、「就学前だけでなく以後の発達期においても、親子で多くの時間を過ごし会話することが重要だと示唆された」と述べている。

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
インフルワクチンはやはり有効!
イメージ

おはようございます。さとうクリニックの佐藤です。今朝は「インフルワクチンはやはり有効!」という報告です。...

会話力は遺伝と環境が半々?
イメージ

おはようございます。さとうクリニックの佐藤です。今朝は「話す能力は遺伝と環境が半々?」という報告です。 ...

幸福感は遺伝子が決める?
イメージ

おはようございます。さとうクリニックの佐藤です。今朝は「幸福感は遺伝子で決まる?」という報告です。 私た...

よく噛める人はメタボにならない?
イメージ

おはようございます。さとうクリニックの佐藤です。今朝は「よく噛める人はメタボにならない?」という報告です。...

毎食後の歯磨きで生活習慣病予防?
イメージ

おはようございます。さとうクリニックの佐藤です。今朝は「毎食後の歯磨きで生活習慣病予防?」という報告です。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ