コラム

 公開日: 2015-11-27 

心臓の健康に必要なビタミンDの量

おはようございます。さとうクリニックの佐藤です。今朝は「心臓の健康に必要なビタミンDの量」に関する報告です。

 心臓の健康のために必要な、最低限のビタミンD値が特定されたという。この報告は、米インターマウンテン心研究所の研究者らにより発表された。
 ビタミンDは、日光に曝露されたときに身体で自然に生成されるほか、魚や魚肝油、卵黄、一部の乳製品や穀物にも含まれる。サプリメントも1つの選択肢となる。以前の研究では、ビタミンD欠乏が心疾患、心臓発作、脳卒中のリスクを上昇させることが示されているが、どの程度の欠乏がリスクに関連するかは明らかになっていなかった。
 今回の研究で同氏らは、約23万人を3年間にわたり追跡調査した。その結果、心臓の健康のためには、ビタミンD値は15ng/mL超であればよいことが判明したという。
 「従来、ビタミンD値は30ng/mL超が正常だと考えられてきた。しかし最近になって、15ng/mL超でも安全だと複数の研究者が提案しており、本研究でそれが裏付けられた形だ」と同氏らは述べており、さらに、「15ng/mL超を基準としても、まだ10人に1人はこの値を下回っている。ビタミンD値は血液検査で調べられる。今回の研究で、ビタミンDサプリメント摂取で最も恩恵を得られる患者群が判明した」と話している。

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
医師の説明は何故、患者さんに伝わらないのか?
イメージ

 医師の説明は何故、患者さんに伝わらないのか? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科...

[ 医療コラム ]

医師間で医療費にバラツキ?
イメージ

 医師間で医療費にバラツキ? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は...

[ 医療情報 ]

糖尿病患者に糖質制限は有用か?
イメージ

 糖尿病患者に糖質制限は有用か? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今...

[ 糖尿病関連の報告 ]

コーヒーで目が覚めるのは何故?
イメージ

 コーヒーで目が覚めるのは何故? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今...

[ コーヒーの効用 ]

がんの6割は遺伝子複製ミス、肺・胃がんは予防が有効?
イメージ

 がんの6割は遺伝子複製ミス、肺・胃がんは予防が有効? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・...

[ がん予防 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ