コラム

 公開日: 2016-12-18 

今シーズンはインフルエンザのトリプル感染にも注意?

インフルエンザのトリプル感染?

おはようございます。さとうクリニックの佐藤です。今朝は「今シーズンはインフルエンザのトリプル感染にも注意?」という報告です。
今冬のインフルエンザに関しては「3回罹患する人が出てくるかもしれない」という懸念が浮かんできた。いわゆる「トリプル感染」だが、一体どういうことなのだろうか?
根拠の1つが、インフルエンザ抗体保有状況調査にある。国立感染症研究所が取りまとめているもので、今年は12月2日に第1報が公表された。トリプル感染の懸念は、このデータから読み取れる。発表されたインフルエンザ抗体保有状況調査の結果(第1報)を見ると、今シーズンはAH3あるいはB型の感染が予想される。
年齢層で見ると、高齢者と低年齢で抗体保有率の「低い」傾向が強い。高齢者では、70歳以上は、B(山形系統)とB(ビクトリア系統)がともに「極めて低い」であり要注意だろう。65~69歳はB(ビクトリア系統)が「極めて低い」、B(山形系統)が「比較的低い」だ。また60~64歳はB(ビクトリア系統)が「低い」、B(山形系統)が「比較的低い」だった。これらの年齢層では、B型のダブル感染の危険性もあるという
 最も注視すべきは0~4歳。この年齢では、AH3とB(山形系統)がともに「比較的低い」であり、さらにB(ビクトリア系統)は「低い」だった。つまり0~4歳では、3種類のウイルスに感染するリスクが高い。これがトリプル感染懸念の根拠となる。1人が3回インフルエンザに罹患すると、患者数の増加要因になり、また重症化例の多発リスクも押し上げる。まさに懸念される事態を招き得る。
 これまでも日本小児感染症学会などでは、1シーズンに複数回、インフルエンザに罹患した症例が報告されている。例えば、兄弟が同時にインフルエンザに感染。回復した後にまた、2人とも感染してしまった事例があった。1回目に罹患したウイルスが兄弟間で異なっており、2回目の感染では兄が弟から、弟は兄から、それぞれ別のタイプのウイルスをもらっていた。幸いこの兄弟は2回の罹患で済んだが、今シーズンは特に0~4歳児の場合、3回目があるかもしれないことを念頭に置いた診療が必要となりそうだ。医療機関としてはまず、0~4歳あるいは高齢者らワクチン保有率の低い年齢層に対して、インフルエンザのワクチン接種はもとより、手洗いやうがいなど日ごろから感染予防に努めるよう求めていくべきだろう。
現時点ではノロウイルスによると考えられる感染性胃腸炎が大流行という感じですが、この波が収まると再度インフルエンザの流行が再来するものと考えられます。報告にあるように今までもそれなりの頻度でA・B型両方のインフルエンザに感染なさる患者さんはいましたし、2回A型になったという話も聞いたことはありますが、トリプル感染の危険となると十分な注意が必要かも?知れませんね!     
    
 当クリニックの待合室に飾ってある絵の作者であるはせがわいさおさんのHPからダウンロードした壁紙を一部カットし、転載させて頂きました!
      

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
寒冷や高温曝露で心血管疾患のリスク増大?
イメージ

 寒冷や高温曝露で心血管疾患のリスク増大? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐...

[ 心臓病増悪の原因 ]

日本人と日系人でメタボホルモンにも違い?
イメージ

 日本人と日系人でメタボホルモンにも違い? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐...

[ 糖尿病関連の報告 ]

体重増加で健康な老化が損なわれる?
イメージ

 体重増加で健康な老化が損なわれる? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です...

[ 医療マメ知識 ]

糖質制限の有用性?
イメージ

 糖質制限の有用性? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘糖質制...

[ 糖尿病関連の報告 ]

手足口病、大流行中?
イメージ

 手足口病、大流行中? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘手足...

[ 医療情報 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ