コラム

 公開日: 2017-02-20 

糖尿病患者さんの筋肉量を増やすには?

糖尿病患者さんの筋肉量を増やすには?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は「糖尿病患者さんの筋肉量を増やすには?」という報告です。
この度、第20回日本病態栄養学会で恵寿総合病院のある研究者は、糖尿病患者の筋肉量を増やすためには運動と栄養補給が重要だが、運動を積極的に行っている期間は、エネルギー量だけでなく蛋白質の摂取量も増やす必要があることを指摘した。
 多くの疫学研究から、糖尿病患者はサルコペニアを発症しやすいことが示されている。高血糖やインスリン抵抗性、炎症性サイトカイン、糖尿病に関連する内分泌変化が筋肉に悪影響を与え、骨格筋量の減少を加速させることが主な理由と考えられている。
骨格筋はエネルギー代謝を担う器官であることから、サルコペニアを有する糖尿病患者では、骨格筋量の増加が血糖値改善につながる可能性がある。よって、糖尿病患者の筋肉量を増やすことは重要な課題だと同氏は強調した。筋肉量を増加させるためには、レジスタンス運動に加え十分なエネルギー、蛋白質の補給が重要である。糖尿病患者については、適切な血糖管理の下にこれらを行うことが求められる。
ただし、患者が置かれた状況を把握した上で的確な運動・栄養介入を行わなければ、筋肉量の増加には結び付かない。同氏は、サルコペニアと診断されたものの、筋肉量を増やせなかった糖尿病患者の事例を提示した。
症例は、窒息と誤嚥性肺炎の診断で入院した80歳代の男性糖尿病患者。サルコペニアと診断されたため、急性期は医原性サルコペニアの進行を最小限に抑え、回復期に筋肉量を増やすことを目指し、1日当たりの摂取エネルギー量1,550kcal、蛋白質量62gという栄養ケアプランを立てた。リハビリテーションは1METs×3単位から開始し、漸増することとした。しかし、入院50日目ごろに2.5kgの体重減少が認められたことから、血糖コントロールが良好なことを確認した上で、摂取エネルギーを2,180kcal/日に増量。また、リハを3METs×9単位/日に強化し、退院までの約1カ月間継続した。
その結果、退院時の体重は入院時と同等の水準に戻り、筋力の指標である握力の改善も認められた。ところが、筋肉量の指標である下腿周囲長や、超音波エコーを用いて測定した大腿四頭筋厚には変化がなかった。本症例で筋肉量を増やせなかった原因として同氏は、介入期間が短かった他、リハの強度が不十分だった可能性があると考察。さらに、リハを強化した際、エネルギー量は増やしたものの、蛋白質量は据え置いた点を挙げ、「リハを積極的に行っている期間は、エネルギーだけでなく蛋白質も増量すべきだったかもしれない」と述べた。
これはある意味、当然の結果かと思われます。特にご高齢の方の筋肉量を増やすためにはリハビリだけでは不十分で筋肉量の増加のためにはその原材料となる蛋白質はある意味、必須です。血糖コントロールのためには糖分制限は言うまでもありませんが、本症例での開始当初の1550kcalは体格が不明なので何とも言えないところではありますが、筋肉量増加の観点から見てはどう考えても少なすぎと思われます。
 近年の糖尿病治療においては特に高齢者に関しては厳重な血糖管理はあまり必要ではないという方向に移行しつつあります。というのもそうすることで逆に本症例でのように筋肉量の減少を来し、転倒などの危険が増しかねないという懸念があるためです。いずれにせよ、それなりのご年代の方々の糖尿病の食事療法には患者さん自身にあった十分な配慮が必要です。

17.2.19 朝焼け

 昨朝のwalking時の朝焼け。日に日に日の出の時間は早くなって来ているようです!

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
高齢者の健康は生きがいが左右?
イメージ

 高齢者の健康は生きがいが左右? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今...

[ 長生きの秘訣 ]

運動で骨内の脂肪も燃焼?

 運動で骨内の脂肪も燃焼? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は「...

[ 運動の効用 ]

カロリー制限で寿命延長?
イメージ

 カロリー制限で寿命延長? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は「...

[ 長生きの秘訣 ]

夏の食中毒に注意?
イメージ

 夏の食中毒に注意? おはようございます。。今朝は「夏の食中毒に注意?」というお話です。 海産魚介類の...

[ 医療マメ知識 ]

身長が2cm縮むと転倒リスクが2倍?
イメージ

 身長が2cm縮むと転倒リスクが2倍?  おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です...

[ 運動の効用 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ