コラム

 公開日: 2017-03-04 

高齢糖尿病では低血糖に要注意?

高齢糖尿病では低血糖に要注意?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は「高齢糖尿病では低血糖に要注意?」という報告です。
糖尿病の薬物治療が進歩する一方で、患者の高齢化などを背景とした低血糖リスクの増大が憂慮されている。日本糖尿病学会は薬物治療ガイドラインの確立や患者指導の充実に役立てる目的で、糖尿病治療に関連した重症低血糖の実態調査を実施し、兵庫医科大学病院病院長の難波教授が報告を行った。2型糖尿病においては94%がインスリン、血糖降下薬のスルホニル尿素(SU)薬の使用例だった。
対象は2014年4月1日〜15年3月31日の1年間に当該施設で治療した全糖尿病患者の実態と個々の重症低血糖症例の背景や治療内容についてデータ登録を依頼した。重症低血糖の定義は「自己のみでは対処できない低血糖症状があり、発症・発見・受診時の血糖値が60mg/dL未満であることが明らかにされている」ものとした。
 定期受診中の糖尿病患者の総数は34万6,939例で、うちインスリン依存型の1型は6.2%だった。インスリン使用例は30.7%、SU薬使用例は20.5%だった。重症低血糖による年間受診数は6.5例で、その32.3%が60〜74歳、42.7%が75歳以上の高齢者だった。1年間で入院を必要とした例数は4例。うち16.2%が1型、72.2%が2型で、インスリン使用2例、SU薬使用1例だった。糖尿病の病型は1型240例(30%)、2型480例(60%)、年齢は1型54歳、2型77歳で2型が有意に高齢であった。
重症低血糖発生時点のHbA1cは1型7.5%、2型6.8%であり、2型で有意に低かった。2型では7.0%未満に重症低血糖が集中していることも分かった。重症低血糖に影響した因子は食事の内容・タイミングの不適合(40%)、薬剤の過量もしくは誤投与(27%)、具合の悪いとされるシックディ(11%)などであった。これに関して同氏は「大半が医療者による患者への適切な指導とその遵守で回避可能と考えられた」と述べた。2型糖尿病患者の使用薬剤で最も多かったのはインスリンの292例(60.8%)で、次いでSU薬(インスリン未使用)159例(33.1%)と94%がインスリンもしくはSU薬の使用例だった。年齢はインスリン使用群74歳、SU薬使用群81歳、HbA1cはそれぞれ7.1%、6.3%であり、SU薬群で有意に高齢、HbA1c低値だった。また、SU薬を使用している糖尿病患者の約半数が比較的重症の腎症を合併していた。「腎症を合併する高齢糖尿病患者においては、血糖コントロールの基準の緩和や処方薬剤の見直しを図ることや、きめ細かい指導を行うことが重要」と同氏は指摘した。
近年の糖尿病治療においては厳重な血糖コントロールのみに力点が置かれるのではなく、患者さん自身の状況に応じた血糖コントロールが重要視されるようになりました。年齢に関係なく一律に血糖コントロールの指標であるHbA1c値の目標を定めるのではなく、年齢や認知症の有無、さらには患者さん本人の日常生活の状態などを考慮して目指すべきHbA1c値を決めることが重要と考えられています。この最大の理由は糖尿病においては将来における合併症の進行抑制には血糖をコントロールすることは当然大事ではありますが、さらに致死的な合併症を起こさなくするためには低血糖を来さないことがさらに大事であるということが近年の大規模臨床研究で明らかになってきたことが影響しているのです。
      
17.3.3 天保山
 昨夕の大阪 天保山からの夕焼け。暫くぶりに綺麗な夕日が観られました!

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
寒冷や高温曝露で心血管疾患のリスク増大?
イメージ

 寒冷や高温曝露で心血管疾患のリスク増大? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐...

[ 心臓病増悪の原因 ]

日本人と日系人でメタボホルモンにも違い?
イメージ

 日本人と日系人でメタボホルモンにも違い? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐...

[ 糖尿病関連の報告 ]

体重増加で健康な老化が損なわれる?
イメージ

 体重増加で健康な老化が損なわれる? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です...

[ 医療マメ知識 ]

糖質制限の有用性?
イメージ

 糖質制限の有用性? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘糖質制...

[ 糖尿病関連の報告 ]

手足口病、大流行中?
イメージ

 手足口病、大流行中? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘手足...

[ 医療情報 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ