コラム

 公開日: 2017-03-14 

糖尿病患者では心の負担ひの配慮も重要?

糖尿病患者では心の負担への配慮も重要?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は「糖尿病患者では心の負担への配慮も重要?」という報告です。
糖尿病患者は、つねに自身の健康状態や生活習慣に配慮せねばならず、また、治療に関する決断を即座に下さなければならないことも多く、これらはすべて心の負担につながりやすい。こうした糖尿病患者が抱える心の負担は「糖尿病による苦痛」と呼ばれており、とくにインスリンを使用する患者で多くみられ、うつ病とは異なるものだと専門家は指摘している。「糖尿病になった日は、まさに天からフルタイムの仕事を与えられたようなもの。これは特別な仕事であり、残りの人生に大きな影響を与え、しかも給与も休暇もない」と、米糖尿病行動研究所長は述べている。
米国糖尿病協会(ADA)の研究者は、「糖尿病患者は、糖尿病によって余計な心の負担を負わなければならない。仕事や家庭、金銭面に気を配りつつ、血糖値をチェックし、忘れずに服薬し、インスリン量を調整し、また、食事では炭水化物に気をつけなければならない。分刻みの義務を毎日果たしながら、すべてを正しく行ってもなお血糖値は上がり続ける」と説明している。さらに同研究所長は、糖尿病患者が抱える心的負担は、つねに疾患を管理せねばならない負担からくる一連の精神的な応答だと説明しており、「やるべきことの多さと糖尿病への不安に圧倒されて、患者は糖尿病に直面すると無力さを感じてしまう。努力しているにもかかわらず、使用するインスリン量は増減し、自分の力が及ばないことに思えてくるためQOLにも悪影響が出る」と述べている。また、同氏によると糖尿病患者の約3割は、どこかの時点でこの心的負担による影響を受けており、うつ病の発症につながるケースも多いとしている。
ADAも2017年版糖尿病治療ガイドラインの中で糖尿病患者の心的負担や精神面でのケアの重要性について触れ、すべての糖尿病患者で心的ストレスをスクリーニングし、ケアするよう推奨している。糖尿病による心的負担はうつ病よりも治療に大きな影響を及ぼし、抗うつ薬による改善効果は期待できないという。また、医師と相談して治療法を見直して変更を加えたり、糖尿病教育の専門家に相談して基本的な事項を再確認することも解決策の1つになり、両氏ともに周囲のサポートも重要であり、親や配偶者が糖尿病の管理を手伝うことで、少しは患者の気が休まると述べている。ADAの研究者は、食欲の低下や睡眠パターンの変化、趣味などの自分が好きだったことへの興味を失う、気分の落ち込みが長く続いたら、メンタルヘルスの専門家に相談するようアドバイスしている。
確かに最初に糖尿病と診断された患者さんが相当のショックを受けるのは日々感じています。当クリニックでは幸いインスリン投与をするまでの患者さんはあまりいませんので上述程の負担を感じることはないかも?知れませんが、定期的な糖尿病の検査結果に対して一喜一憂している姿はよくみられます。でも、検査結果は意外と正直ですので...糖尿病のコントロールが悪くなっている際には大抵何らかの理由が存在することが多いですから、それを患者さんにきちんと認識して頂くことがもっとも重要なのではないかと考えながら日々の診療を行っています。
       
17.3.13 梅
 我が家の庭の梅。少しずつではありますが、つぼみも膨らんできたようです。

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
十分な減量で糖尿病が寛解?
イメージ

 十分な減量で糖尿病が寛解? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は...

[ 糖尿病関連の報告 ]

飲み過ぎ・喫煙で見た目も老化?
イメージ

 飲み過ぎ・喫煙で見た目も老化? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今...

[ たばこの害 ]

50歳以上で5人に1人はADLに障害?
イメージ

 50歳以上で5人に1人はADLに障害? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。...

[ 加齢に伴う変化の特徴 ]

インフルエンザ迅速キットは不要?
イメージ

 インフルエンザ迅速キットは不要?  おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です...

[ インフルエンザ ]

肥満者は低脂肪食で余命延長?
イメージ

 肥満者は低脂肪食で余命延長? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝...

[ 長生きの秘訣 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ