コラム

 公開日: 2017-05-15 

肺炎に関わる6つの事実?

肺炎に関わる6つの事実?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は「肺炎に関わる6つの事実?」というお話です。
 日本呼吸器学会は新たに「成人肺炎診療ガイドライン2017」を作成した。この背景には何があるのか、現代の日本の肺炎診療を考える上で参考になる6つのファクトを紹介する(取材等:m3.com編集部)
1. 肺炎死因第3位に:戦前の日本人の死因は肺炎、胃腸炎、結核といった感染症がほとんどであったが、抗菌薬の開発で大半の感染症は激減。しかし、肺炎だけが再び日本人の主要な死因として復活。2011年には脳血管障害を抜いて3位に上昇した。「1960年頃から脳血管障害による高齢者の死亡数は減り続けている一方、肺炎による死亡は横ばい」とされている。
2. 肺炎死、高齢者の割合「96.8%」:日本における肺炎死亡者数に占める65歳以上の高齢者の割合は96.8%。若い人も肺炎にかかるが、ほとんど死亡せず、肺炎で亡くなるのは高齢者とされており、高齢者の増加に伴い年間死亡者数は増え続けており、65歳以上の高齢者は8割以上を占める。
3. 肺炎死のリスクは「耐性菌」よりも「誤嚥性肺炎」で急上昇:高齢者肺炎の多くは誤嚥性肺炎であることも分かってきている。全国調査では全肺炎入院患者の60%強を誤嚥性肺炎が占め、50歳以降、加齢とともに急激に上昇し、70歳以降ではほとんどを占める。
4. 終末期の評価指標は「生存率改善」が最適とは限らない:高齢者を対象とした報告によると、終末期に胃瘻や人工呼吸器、心肺蘇生、抗菌薬の強力な使用を「希望しない」と答えた割合は9割前後で、米国の介護施設入所者を対象とした研究では、肺炎への抗菌薬投与が無治療に比べ、死亡率を約80%減少させたが、認知症患者の安楽さは無治療に比べ、悪化したとの結果も報告されている。
5. 2011年、医療・介護関連肺炎から「重症度判定」外れる:院内肺炎の多くに誤嚥性肺炎や疾患終末期、老衰が含まれること、こうした患者への強力な治療が時に必ずしも有益なことだけではないと考えられるケースが少なくないとの倫理的な配慮を踏まえた考え方だ。
6. 「専門医が主治医となった治療」でも予後改善は難しい:高齢者肺炎では必ずしも呼吸器専門医を主治医とする必要はないが、寝たきりと栄養状態良好など、本人の状態が予後に大きな影響を与えると考えられ、チーム医療・ケアの重要性が示唆されている。高齢者肺炎は原因菌をたたくだけでは治癒が困難で新規抗菌薬の開発や医療の発展が高齢者肺炎にあまり恩恵を与えていない可能性があることは、広く認識されていくべきと考えられる。
 以上の様に超高齢化した日本で肺炎が死亡原因の3位となった背景には色々な要因があるようですが、治療に関してもただ積極的に治療すれば良いという状況でも無いようです。元々、抵抗力や免疫状態が悪化している状況で肺炎になるわけですからある意味では老衰にも近い状況であり、そこに医療が介入するに際しては倫理的な配慮も必要にすらなってきているということの様ですね。今後益々この様な問題は頻発するでしょうから我々医療従事者も真摯に考える必要がありそうです!

17.5.14 藤

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
男性不眠症でうつ病リスク7倍?
イメージ

 男性不眠症でうつ病リスク7倍? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今...

[ 医療情報 ]

院外処方は院内処方の3倍高い?
イメージ

 院外処方は院内処方の3倍高い? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今...

[ 医療マメ知識 ]

大分県ではインフルエンザ流行期へ!
イメージ

 大分県ではインフルエンザ流行期へ! おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です...

[ インフルエンザ ]

ピロリ菌除菌で胃がん予防を!
イメージ

 ピロリ菌除菌で胃がん予防を! おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝...

[ 医療マメ知識 ]

抗菌薬は風邪やインフルエンザにも効く?
イメージ

 抗菌薬は風邪やインフルエンザにも効く? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤...

[ 医療情報 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ