コラム

 公開日: 2017-06-21 

夏の食中毒に注意?

夏の食中毒に注意?

おはようございます。。今朝は「夏の食中毒に注意?」というお話です。
 海産魚介類の生食を原因とする寄生虫症の中でも我が国最多のものがアニサキス症です.日本人の食習慣からみて,アニサキス症は以前からあったと考えられますが,原因となる虫種が確定されたのは1960年代で1970年代以降の内視鏡検査普及とともに予想外に多数例が発生していることが明らかにされました.このような診断技術の高度化及び冷蔵技術の進歩に伴う生鮮食料品の輸送体系の近代化が現在に至るアニサキス症発生の増加と広域化の前提となっています. 厚生労働省の統計ではノロウイルス、カンピロバクターに次いでアニサキスが食中毒原因物質の第3位になっており, 症状は魚介類の生食後数時間して,激しい上腹部痛・悪心・嘔吐をもって発症するのが胃アニサキス症の特徴で人体症例の大半がこの症状を呈します.
 アニサキス症の予防法としては海産魚介類の生食を避けること,あるいは加熱後に摂取すること(60℃で1分以上)が確実な感染予防の方法となります.また, 冷凍処理(-20℃,24時間以上)によりアニサキス幼虫は感染性を失うので魚を冷凍して解凍後に生食することは感染予防に有効です.加熱や冷凍以外の方法として,新鮮なうちに魚介類の内臓を摘出するなどの工夫も感染予防に適用できます.内臓に寄生する幼虫が漁獲後に筋肉へ移行することもあるからです.
  当クリニックも開院後10年が経過し, 約10名のアニサキス症の患者を治療しています. いずれの方もここ5年間に発症しており, やはり最近とみに増加してきているという印象です. そのうちの1名は約1年の間に2回も発症しており, 一度罹ったからと言って安心は出来ない様です. 症状は上でも述べたような魚介類摂取数時間後の突然の激しい上腹部痛が大多数で症状等からアニサキス症を疑って上部内視鏡検査を施行し, 虫体を鉗子切除するのが最も有効な治療法です.
 では, これからの時期に流行する食中毒原因物質第2位のカンピロバクターによる食中毒とはいかなるものでしょうか? カンピロバクターは家畜、家きん類の腸管内に生息し, 食肉(特に鶏肉), 臓器や飲料水を汚染するとされますが, 乾燥にはきわめて弱く, 通常の加熱調理で死滅します. 症状は感染後1-7日と比較的長い潜伏期で発症し, 発熱・倦怠感・嘔気・腹痛・下痢・血便等を呈し, 少ない菌量でも発症するといわれています.
 カンピロバクター食中毒の予防法は, (1)食肉を十分に加熱調理(中心部を75℃以上で1分間以上加熱)することが重要です. 具体的には未加熱又は加熱不十分な鶏肉料理を避けることが最も効果的です. また, 二次汚染防止のために, (2)食肉は他の食品と調理器具や容器を分けて処理や保存を行う, (3)食肉を取り扱った後は十分に手を洗ってから他の食品を取り扱う, (4)食肉に触れた調理器具等は使用後洗浄・殺菌を行うことが重要です.
 アニサキスもカンピロバクターも上記の様に予防対策がありますからそれを理解した上, もしも個人的に調理する際には十分な注意が必要なことは言うまでもありません.

17.6.20 花々
 朝の通勤路には紫陽花をはじめとしてカラフルな花々が咲き誇っています!

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
50歳以上で5人に1人はADLに障害?
イメージ

 50歳以上で5人に1人はADLに障害? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。...

[ 加齢に伴う変化の特徴 ]

インフルエンザ迅速キットは不要?
イメージ

 インフルエンザ迅速キットは不要?  おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です...

[ インフルエンザ ]

肥満者は低脂肪食で余命延長?
イメージ

 肥満者は低脂肪食で余命延長? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝...

[ 長生きの秘訣 ]

喫煙で筋骨格系も損傷?

 喫煙で筋骨格系も損傷? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘喫...

[ たばこの害 ]

コーヒーでダイエット?
イメージ

 コーヒーでダイエット?  おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘...

[ コーヒーの効用 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ