コラム

 公開日: 2017-08-18 

便秘に注意?

便秘に注意?

便秘は白人に比べ非白人に多く、男性に比べ女性にやや多く、高齢になるほど有病率が高まる。便秘の要因としては社会経済状況の悪化や保護者の教育レベルの低さ、身体活動の低下や薬剤、抑うつ、精神・身体的虐待やストレスの大きいライフイベントなどとの関連が報告されている。
これほど便秘に関連した要因が多いことは何を意味するのか。「慢性便秘症は消化器専門医だけでなく、どの診療科、どの医師も遭遇する診療科横断的な疾患ということ」と横浜市大の中島教授。一方で、便秘症診療の大きな問題の1つは「医師と患者のすれ違い」と指摘する。「例えば、便秘を訴える患者に医師が1日の排便回数を尋ねたとする。患者が“2-3回は出ます”と答えると、医師が“それじゃ、便秘ではない”と決めつけてしまい、診察が終了してしまう」(中島教授)
 こんなデータもある。島根大学の木下教授らが数年前、同大学病院の外来で1週間に出された全ての処方箋薬の数と薬剤の種類を調べたところ、便秘薬が全処方薬の14.7%を占めていたそう。診療はすれ違いつつも「便秘薬は日常診療で大量に使われているのが現状」(木下教授)と言える。
 「慢性便秘症は一度かかると原則、治癒しない。一生付き合っていかなくてはならない疾患。「処方箋便秘薬で症状のコントロールがうまくいかない、あるいは診療への満足度が低い患者は、市販薬を求め薬局に向かってしまう」と指摘する。多くの市販便秘薬の主成分は、刺激性下剤に含まれるセンナやセンノシド。いずれも、海外の診療ガイドラインでは、浣腸などと並ぶ“rescue therapy”として、ごく限定的な頓用が推奨されている成分だ。一方、尾高クリニックの尾高先生が数年前に行った調査では、約9割が「刺激性下剤をよく使う」と回答していたそう。同クラス薬の長期連用・不適切な使用に伴う腸管障害や依存性・習慣性による便秘症の難治化は、日本の便秘症診療の大きな問題の1つと指摘されている。
しかし、市販の便秘薬を求める患者が医療機関での治療を望んでいないわけではないようだ。島根大学附属病院では2015年4月から「便通異常外来」を開設。すると「受診を希望する患者でたちまち予約でいっぱいになった。当初、担当医師は男性だったが、女性患者から女性医師の診療を希望する意見が相次いで2016年秋からは女性専用外来も開設。多くの女性患者が訪れている。担当医師たちは対応に追われ大変になったが、便通異常に困っている人が多いことを改めて実感した」と木下教授は振り返る。
*m3.comのコラムを抜粋し、一部改変
 確かに便秘で受診なされる方は最近、多い様に感じます。いずれも当初は市販薬を使用していてなかなか改善されないで受診なされる方です。私は基本的には上記で挙げられている刺激性の下剤はなるべく使わない様にしており、最近登場した新しいタイプの薬剤も時折処方しますが、長年便秘に悩んでいた20代の女性がその薬剤で著明に改善したということも経験しており、便秘治療の難しさも感じています。

あじさい

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
運動嫌いも遺伝のせい?

 運動嫌いも遺伝のせい? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘運...

[ 医療マメ知識 ]

ポケモンGOはメンタルヘルスに有用?
イメージ

 ポケモンGOはメンタルヘルスに有用? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です...

[ ポケモンGO ]

肥満には遺伝も大きく関与?
イメージ

 肥満には遺伝も大きく関与? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は...

[ メタボの原因? ]

サザエさん症候群?
イメージ

 サザエさん症候群? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘サザエ...

[ 医療コラム ]

善玉HDLは高すぎても危険?

 善玉HDLは高すぎても危険? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘...

[ 医療界の新発見? ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ