コラム

 公開日: 2017-09-29 

果物・野菜・豆類摂取で長生き?

果物・野菜・豆類摂取で長生き?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘果物・野菜・豆類摂取で長生き?’という報告です。
 果物、野菜、豆類の摂取と心血管疾患および死亡の間の関連性は、欧州、米国、日本、中国では広く調査されてきたが、中東、南米、アフリカ、南アジアからの利用できるデータはほとんどないか皆無である。
 世界7地域(北米/欧州、南米、中東、南アジア、中国、東南アジア、アフリカ)の低所得国、中所得国、高所得国18カ国の地域社会613カ所から、心血管疾患のない35~70歳の135335人における前向き研究を実施した。ベースライン時に国別の食物頻度アンケートを用いて食事内容を記録した。標準化されたアンケートを用いて、人口統計学的要因、社会経済的地位(学歴、所得、雇用)、生活習慣(喫煙、身体活動、アルコール摂取量)、既往歴および医薬品の使用、心血管疾患の家族歴に関する情報を収集した。主な臨床転帰は、主要な心血管疾患、致命的および非致命的な心筋梗塞、致命的および非致命的な脳卒中、心血管死亡率、非心血管死亡率、全死亡率であった。果物、野菜、豆類の摂取と心血管疾患イベントおよび死亡率のリスクの間の関連性を評価した。
 その結果、全体的で果物、野菜、豆類の総合平均摂取量は1日あたり3.91回分であった。果物、野菜、豆類の総合摂取量がより高いことが、年齢、性別、実施医療機関で調整後において、主要な心血管疾患、心筋梗塞、心血管死亡率、非心血管死亡率、全死亡率と逆相関していた。主要な心血管疾患(危険率0.90倍)、心筋梗塞(0.99倍)、脳卒中(0.92倍)、心血管死亡率(0.73倍)、非心血管死亡率(0.84倍)、全死亡率(0.81倍)の推定値は調整後モデルでは大幅に減衰した。全死亡率の危険率は、参照群と比べて1日あたり3~4回分の場合に最も低く(0.78倍)、それ以上の摂取に関して危険率の明らかなさらなる減少は見られなかった。別々に考察した場合、果物の摂取は心血管死亡率、非心血管死亡率、全死亡率のリスクが低いことと逆の相関性があり、豆類の摂取は非心血管死亡率および全死亡率と逆の相関性があった。野菜に関しては、生野菜の摂取は全死亡率のリスクが低いことと強く関連しており、調理済み野菜は死亡率に対して多少の利益を示した。
 果物、野菜、豆類の摂取量が高いことは、非心血管死亡率および全死亡率のリスクが低いことと関連していた。利益は、非心血管死亡率および全死亡率の両方に関して1日3~4回分(375–500 g/日に相当)の場合に最大となるようである。
 以前からこれらの食物摂取で心血管疾患の発症率が低いことは言われていましたが、今回も同様のことが示された様です。最近は脂肪分の摂取よりも炭水化物の摂取の方が問題とされる様な報告も出て来ており、食事摂取に関する常識が少しずつ変わって来ている様にも感じますが、現代病と考えられている糖尿病も平安の昔から存在していたことを考えると結局は肥満にならない様にカロリー控えめの食事を摂ることは最低気をつけなければならないのは昔も今も変わらない様です!

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
50歳以上で5人に1人はADLに障害?
イメージ

 50歳以上で5人に1人はADLに障害? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。...

[ 加齢に伴う変化の特徴 ]

インフルエンザ迅速キットは不要?
イメージ

 インフルエンザ迅速キットは不要?  おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です...

[ インフルエンザ ]

肥満者は低脂肪食で余命延長?
イメージ

 肥満者は低脂肪食で余命延長? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝...

[ 長生きの秘訣 ]

喫煙で筋骨格系も損傷?

 喫煙で筋骨格系も損傷? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘喫...

[ たばこの害 ]

コーヒーでダイエット?
イメージ

 コーヒーでダイエット?  おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘...

[ コーヒーの効用 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ