コラム

 公開日: 2017-11-23 

認知症の早期診断は可能か?

認知症の早期診断は可能か?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘認知症の早期診断は可能か?’というお話です。
 川畑先生は1996年に認知症の早期発見と対応を目的に物忘れ外来を開設し、現在までに7000人に及ぶ患者さんを診察しております。その経験を通して最近感じるのは、「『認知症の早期発見・早期診断が重要』とよく言われるが、それは本当に可能なことなのだろうか」という疑念です。確かに認知機能の低下がいまだ軽微、軽度の段階で受診して来る患者さんも少なくありませんが、その段階の患者さんを安易に「認知症」と診断してよいのだろうか、過剰診断をしている可能性はないのか――とつい考えてしまうのです。今回は、認知症の早期発見・早期診断について考えてみたいと思います。
 2008年から2016年の9年間に掛けて診療した患者さんについて、初診時におけるアルツハイマー型認知症重症度分類の結果によると。認知症テスト(MMSE)で24点以上を軽微、20~23点を軽度と規定すると、ほとんど全ての診療年で軽微と軽度の患者の割合は4割以下であることが分かります。MMSEですと、10~19点の中等度に進展した段階で受診する患者さんの方が、軽微ならびに軽度の段階で受診して来る場合よりも多いのです。つまり「物忘れが心配だ」「認知症ではないか」と考えて医療機関を受診する患者さんでは、既に認知機能障害が中等度に進展している場合が多いのです。認知症の早期発見・早期診断が重要といわれながら、実臨床では中等度以降にならないと受診してこないわけです。
 認知症に進展している患者さんが早期の段階で受診してこない理由・原因はどこにあるのでしょうか。まず挙げられることは、早期の段階では加齢に伴う物忘れ(生理的老化)との区別がつきにくい点です。しまい忘れや置き忘れなどの物忘れ症状の視点で考えると、「生理的老化」から「軽度認知障害(MCI)」、さらに「アルツハイマー型認知症」は連続した1つの線上に位置するものです。しまい忘れや置き忘れは、アルツハイマー型認知症の初発症状としてはほぼ必発と考えてよいかと思いますが、同時に健常高齢者でもしばしば見られるものです。しまい忘れや置き忘れの状態でどこまでが生理的老化なのか、どこからアルツハイマー型認知症の部分症状なのか――の区別が実はほとんどできないのです。ですから、家族が物忘れ症状に気付いても生理的老化なのか病的なのかの判別を付け難く、安易に「歳のせい」で済ませてしまう場合が多いようです。
*八千代病院神経内科 川畑信也先生の文章を抜粋し、改変
 当クリニックにも時折、家族が認知症を疑って患者さんを連れて来院なさることがあります。しかし、実は認知症症状を呈する方の一部に認知症以外の脳外科的疾患を有する方が潜んでいる可能性が否定出来ないため、原則的に一度近医の脳外科を紹介してCT検査等を施行し頂き、認知症か否かの判断をしてもらう様にしています。上記の認知症検査(MMSE)も実際施行するとなるとかなり手間ひまの掛かる検査でクリニックの外来診療の中で施行するにはなかなか手間隙のかかる検査でもあります。今後、さらなる超高齢化社会を迎える日本では認知症患者は増加の一途をたどる可能性も否定出来ません。今後は早期診断よりは認知症発症予防に向けた取り組みを本格的に考える時期に来ているのかも?知れません。
           
17.11.22 吾妻

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
喫煙で筋骨格系も損傷?

 喫煙で筋骨格系も損傷? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘喫...

[ たばこの害 ]

コーヒーでダイエット?
イメージ

 コーヒーでダイエット?  おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘...

[ コーヒーの効用 ]

新型たばこはどうして推奨出来ないのか?

 新型たばこはどうして推奨出来ないのか? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤...

[ たばこの害 ]

県により流行しているインフルエンザウイルス型に違い?
イメージ

 県により流行しているインフルエンザウイルス型に違い? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・...

[ インフルエンザ ]

市販薬の咳止めは効かない?

 市販薬の咳止めは効かない? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は...

[ 薬剤の有効性 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ