コラム

 公開日: 2018-05-15 

インフルエンザワクチンはやはり有効?

インフルエンザワクチンはやはり有効?

おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘インフルエンザワクチンはやはり有効?’という報告です。

有効性が低いインフルエンザワクチンでも、米国民の約40%が接種することでインフルエンザ感染者は2100万人減り、インフルエンザによる入院者数が約13万人、死亡者が約6万人減ることを示した研究結果が発表された。この研究を実施した米イェール大学の研究者らは「インフルエンザから人々の命を守るためには、ワクチンの有効性の程度よりも、どれだけ多くの人がワクチンを接種するかの方が重要であることが明らかになった」としている。

 同氏らは今回、インフルエンザワクチンの有効性が低かった場合の集団における感染者数やインフルエンザに関連した入院者数および死亡者数などへの影響について分析した。その結果、誰もインフルエンザワクチンを接種しなかった場合、通常の流行レベルでも1回のインフルエンザシーズンに約7700万人が感染し、約13万人が死亡し、約47万人が入院すると推定された。しかし、ワクチンの有効性がわずか20%であっても、米国民の43%がインフルエンザワクチンを接種すれば、誰もワクチンを接種しなかった場合と比べて死亡者数が半減することが分かった。

 さらに、同氏らは今回の研究で、ワクチンの接種率と有効性のどちらがインフルエンザによる死亡者数により強く影響するのかについても比較検討した。その結果、ワクチンの有効性が40%の場合、接種率が40%から20%に低下するとインフルエンザによる死亡者が3万9,738人増加すると推定された。一方、ワクチンの有効性が40%から20%に低下し、接種率を40%に維持した場合では、インフルエンザによる死亡者は2万8,343人の増加にとどまっていた。このことから、集団におけるワクチン接種の有効性とは、ワクチンそのものの効果よりも接種率の方が重要であることが示された。

 では、具体的にはどのような層でワクチンの接種を推進すべきなのだろうか? 同氏は、「30~39歳の男女」をワクチンの接種率を向上させるべき層として挙げている。同氏によると、この年齢層はワクチン接種率が最も低い一方で、子どもや高齢の両親と接する機会も多いため、インフルエンザウイルスの“橋渡し役”になりやすい。小児と高齢者はインフルエンザの感染リスクや死亡リスクが特に高い層であることから、同氏は「若い成人は、自分自身のためだけでなく、家族や愛する人のためにもワクチンを接種すべきだ」と強調している。

 昨シーズンは日本でもインフルエンザが大流行しましたが、私の個人的な印象ではありますが...昨シーズンはワクチン未接種の方々の多くがインフルエンザに罹っていた様に感じました。実際にインフルエンザワクチンを接種してもインフルエンザになっている方も散見されましたが、概して症状も軽いことが多いという印象でした。上述の様に確かに30代の方々は忙しさにかまけてワクチン接種をしていない印象ですので来季以降は積極的なワクチン接種をお勧めします!

18.5.14 花々

この記事を書いたプロ

さとうクリニック内科・消化器科 [ホームページ]

内科医 佐藤浩明

福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL:024-545-6111

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
講演内容
発売一周年記念講演会

さる6月9日に機能性ディスペプシアに対する初の薬剤の発売一周年記念講演会で当クリニックでの使用経験を発表しました!

時事ネタコラム(JIJICO)

専門家による時事ネタコラム(JIJICO)で上記内容が取り上げられました。内容は以下のURLをご参照下さい!http://jijico.mbp-japan.com/2014/07/22/articles11148.html

 
このプロの紹介記事
さとうクリニック 佐藤浩明医師

経鼻内視鏡検査をはじめ、患者さんに寄り添う医療を目指す(1/3)

 口から入れる従来の胃カメラ検査で、つらい思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか。これを少しでも解消したいとの思いから登場したのが、経鼻内視鏡(鼻カメラ)で、検査を受ける患者さんの苦痛をやわらげる検査方法として注目されています。「...

佐藤浩明プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

経鼻内視鏡検査をはじめ、良質な医療を提供する消化器内科専門医

医院名 : さとうクリニック内科・消化器科
住所 : 福島県福島市方木田字中屋敷1-1 [地図]
TEL : 024-545-6111

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-545-6111

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

佐藤浩明(さとうひろあき)

さとうクリニック内科・消化器科

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
卵1日1個で心血管疾患リスク低下?

 卵1日1個で心血管疾患リスク低下?  おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤で...

[ 医療界の新発見? ]

福島医大産婦人科でも子宮がんの腹腔鏡手術が可能に!
イメージ

 福島医大産婦人科でも腹腔鏡手術が可能に! おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐...

[ 医療環境 ]

高齢者の入院には注意?
イメージ

 高齢者の入院には注意? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘高...

[ 医療マメ知識 ]

座り過ぎは脳にも悪影響?
イメージ

 座り過ぎは脳にも悪影響? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の佐藤です。今朝は‘...

[ 医療界の新発見? ]

介護保険料高額は福島県に集中?

 介護保険料高額は福島県に集中? おはようございます。福島市 さとうクリニック内科・消化器科の砂糖です。今...

[ 医療環境 ]

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ