コラム

 公開日: 2014-06-04  最終更新日: 2014-06-18

6月の別名水無月について

日本では、旧暦6月を水無月(みなづき)と呼び、
現在では新暦6月の別名としても用います。

水無月の由来

水無月の由来には諸説あります。

1.文字通り、旧暦6月(7/22~8/19まで)というと
  梅雨が明けて水が涸れてなくなる月であるから水無月というと
  解釈されることが多い

2.逆に田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月
  「水張月(みづはりづき」「水月(みなづき)」であるとする説も有力

3.他に、田植という大仕事を仕終えた月「皆仕尽(みなしつき)」であるとする説

4.水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」であり
  「水の月」であるとする説 


6月といえば、これから梅雨の時期になります。

今年の梅雨はエルニーニョ現象が発生する可能性が高く、
日本付近もその影響を受ける見込みです。
そのため全国的に季節の進みが遅くなるようです。

梅雨明けが遅くなり、じめじめする期間も長くなると思いますが
明るい気持ちで過ごしたいですね!

この記事を書いたプロ

株式会社猪俣会計センター [ホームページ]

税理士 猪俣和恵

福島県会津若松市千石町7-14 [地図]
TEL:0242-24-2411

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

10

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
年間納税一覧表
イメージ

【個人(会津若松市)】※普通徴収の場合(1)国民健康保険税 第5期分   【納付期限】平成28年11月30日(2)介護保険料 第5期分   【納付期限】...

 
このプロの紹介記事
猪俣会計センター社長 猪俣和恵さん

毎日の帳簿づけから丁寧に指導、未来を見据えたコンサルティングで企業の成長を応援(1/3)

 会津若松市街地を南北にはしる千石バイパスからほど近く、古くから広がる住宅街の一角に、昨年創立60周年を迎えた「猪俣会計センター」があります。代表を務めるのは3代目となる猪俣和恵さん。在籍する13名の社員をまとめながら、記帳代行や決算業務、...

猪俣和恵プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

創業60年の実績で会計から税務まで適正な会社経営の支援に強み

会社名 : 株式会社猪俣会計センター
住所 : 福島県会津若松市千石町7-14 [地図]
TEL : 0242-24-2411

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0242-24-2411

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

猪俣和恵(いのまたかずえ)

株式会社猪俣会計センター

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
ふくしま駅伝
イメージ

ふくしま駅伝が11月20日に開催されます。今年で第28回を迎え、59市町村が参加します。しらかわカ...

[ スタッフから ]

年末調整の時期です。
イメージ

今年も残すところあと二ヶ月となり、年末調整が近づいてきました。今年はマイナンバーの導入で、収集作業も加...

[ スタッフから ]

新年明けましておめでとうございます。
イメージ

新年明けましておめでとうございます。  昨年中は皆様のご協力を頂きましたおかげで、このように新年を迎える...

[ スタッフから ]

雪道の自動車運転
イメージ

今年の冬は暖冬ではないかという予想がされていますね。実際今のところ、その予想通りの感じがしますが、一旦雪...

[ スタッフから ]

初雪と初冠雪
イメージ

冬が近づいてくると、「今年の初雪は~」、「初冠雪が観測されました」などと耳にするようになりますが、初雪と...

[ スタッフから ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ