コラム

 公開日: 2016-06-03  最終更新日: 2016-06-09

遺言書の作成において注意すべきポイント

みなさんは、「遺言書」について正しい知識をお持ちですか?
何となく知っている方はいらっしゃると思います。

例えば、「自筆遺言書」は費用がかからないので、15歳以上で意思能力があれば、だれでも手軽に作成することができます。しかし、しっかりとルールを守って作成しないと、遺言書自体が無効になってしまう場合もあります。

残された家族のため、自分の思いを書き記した遺言書です。ここでは、自筆遺言書が無効にならないためにはどうするべきか、お話ししたいと思います。

自筆遺言書作成のポイント

自筆遺言書を無効にしないポイントは下記の3つです。

 1.すべて自筆(手書き)で書く
 2.日付、署名、押印をする
 3.連名にしない

1つめは、『自筆』で書くことです。パソコンや代筆によって作成したものは、無効となります。
「自筆遺言書」という名前から分かるように、『自筆』であることが大前提となります。

2つめは、日付と署名、そして押印です。
日付がないものは無効となります。日付は和暦、西暦どちらでもかまいませんが、作成日が特定できないもの、例えば、「~吉日」などはダメです。

署名は、姓と名の両方を書きます。もちろん自署です。また、押印は自署のとなりに押してください。使用する印鑑は実印がベストですが、決まった定めはありませんので、認印でもかまいません。

3つめは、連名にしないことです。
例えば、夫婦で1つの遺言書を作り、それに夫婦で署名した場合は、無効となります。必ず、1つの遺言書には1人の署名にしてください。

その他、筆記用具や用紙については、特に決まりはありません。
ただし、改ざんを防ぐ意味でも、鉛筆を使用して作成するのはやめるべきです。ボールペンなど、容易に消消えない筆記用具を使いましょう。


以上のポイントをしっかりと押さえて作成すれば、無効になることはありません。しかし、それでも不安な場合は、一度専門家にご相談されることをおすすめいたします。

宮﨑行政書士事務所/遺言書作成のポイント

この記事を書いたプロ

行政書士宮﨑法務事務所 [ホームページ]

行政書士 宮﨑哲

福島県郡山市緑ヶ丘東7丁目13番地の8 [地図]
TEL:024-942-2752

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム
最近投稿されたコラムを読む
料金案内

▶ 車庫証明申請 <警察署管轄>  郡山・郡山北            8,500円  本宮・二本松・田村・須賀川   10,500円  福島・福島北・白河・猪苗...

業務の流れ

(1)お問合せまずは、電話またはメール(お問い合わせフォーム)でお問い合わせください。電話がつながらない場合や営業時間外、休業日の場合には、メールをご利用...

 
このプロの紹介記事
宮﨑哲 みやざきさとし

日々の生活に生じる問題を法律的にサポート(1/3)

 たとえば車を購入するとき、車庫証明が必要だということは誰でもご存知だと思います。販売会社が手続きを行ってくれることも多く、詳しくは知らなくても問題ないと思っている人も多いかもしれません。ところが、引越しをするときに車の変更申請が必要だとい...

宮﨑哲プロに相談してみよう!

福島放送 マイベストプロ

さまざまな悩みをサポートする、頼りになる町の法律家

会社名 : 行政書士宮﨑法務事務所
住所 : 福島県郡山市緑ヶ丘東7丁目13番地の8 [地図]
TEL : 024-942-2752

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

024-942-2752

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

宮﨑哲(みやざきさとし)

行政書士宮﨑法務事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
建設業許可のキャンペーンを実施中です

建設業許可の申請をお考えの方、建設業許可の更新時期が近づいてきた方、その他建設業許可について何らかの申請を...

[ お知らせ ]

誰も相続人がいないときの手続きと財産の行方

今回のテーマは「相続人がいない場合の手続きと財産」についてです。相続は、被相続人が死亡したときから開始され...

[ 相続・遺言 ]

特定の者(推定相続人)に相続させない方法

今回のテーマは、「特定の者に相続させない方法」です。特定の者=推定相続人になりますが、この「推定相続人」と...

[ 相続・遺言 ]

養子縁組が相続に与える影響は?

今回のテーマは「養子と相続」についてです。「養子縁組」とは、実際は親子関係にない者たちを、法律上の親子とし...

[ 相続・遺言 ]

2人が同時に死亡した場合の相続はどうなる?

 同時死亡の推定 今回のテーマは「同じ事故で2人が死亡した場合の相続」についてです。相続は、死亡したとき...

[ 相続・遺言 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ